腰痛wiki(ぎっくり腰) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ぎっくり腰(-ごし)とは一般的に、重いものを持った時や急な体幹の捻転時におこる急性の腰痛を指す通称。正しくは「急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)」とされている。地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米ではその病態から「魔女の一撃」(Hexenschuss,独)とも呼ばれている。

■病態・要因

急性の筋・筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん-)の病態であることが多いが、稀にスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同様の痛みを発する。発生要因等も様々であるが、主に年齢(ヘルニアは若年性だが筋関係は加齢によって好発)や運動不足(急な運動)などが考えられる。なお、腫瘍が原因で起きている場合は、夜間痛・安静時痛が多く起こるので、ぎっくり腰のように損傷時由を特定できる場合は少ない。

■予防法

荷物などを持つ時には、足場の悪いところで無理な姿勢で持つなどしないように心がけることや、極端に重いものはなるべく持たずに済むように、物の収納の方法などを普段から工夫しておくことも有効である。また、睡眠不足でなおかつ過労ぎみの時なども起きやすいので、そのような労働環境に陥らないように防衛策を打つか、労働環境を自分から変える(配置転換の要望、転職など)もひとつの方法である。

また、可能ならば普段から軽度の(過度ではない程度の)運動をして腰まわりから背中にかけての筋肉全体が弱らないようにしておくこともそれなりに有効である。

またゴルフをする人については、ドライバーの飛距離を争うようなプレイのしかた(=背中から腰にかけて極端な負荷がかかる行為)やその目的の練習を避け、他の要素をゆったりと楽しむというのもひとつの予防策になる。

50万人を救う中川式腰痛治療法の詳細はコチラをクリック!

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

メニュー

腰痛wiki

当サイトに関して

医療広告ガイドライン

医療関連商品につきまして、その病気(症状)が「完治する」「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差がございます。我々はサイトに訪れた方に誤解を与えるような「過大表現」は排除し、医療広告ガイドラインに則り、真実を述べるよう配慮しています。