腰痛wiki(多発性骨髄腫) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、 Multiple Myeloma (MM))は、血液癌の一種であり、骨髄で腫瘍性形質細胞が増殖し、さらにその産物として異常グロブリンであるM蛋白が血液中に出現し、多彩な症状を呈する。

治療法としては、MP療法(メルファランとプレドニゾロン)やCP療法(シクロホスファミドとプレドニゾロン)などの化学療法や、自家造血幹細胞移植などがあるが、治癒は一般的には困難であり、予後は望ましくない。

このため近年、欧米を中心に新規治療の開発がめざましく、サリドマイド(サレド)、プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブ(ベルケイド)、サリドマイド誘導体レナリドミド(レブラミド)が新しい治療法として注目され、近年、本邦でも当局に認可された。


腫瘍性形質細胞(plasma cell)の増加により、モノクローナルな異常γグロブリン(M蛋白)を産生する。

これにより総蛋白の上昇がおこり、赤沈促進が進み、過粘稠症候群を起こす場合もある。

形質細胞が骨に浸潤することで高カルシウム血症をおこす。

異常産生されるグロブリン軽鎖蛋白であるベンズジョーンズ蛋白(BJP)により腎障害もおこる。

50万人を救う中川式腰痛治療法の詳細はコチラをクリック!

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

メニュー

腰痛wiki

当サイトに関して

医療広告ガイドライン

医療関連商品につきまして、その病気(症状)が「完治する」「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差がございます。我々はサイトに訪れた方に誤解を与えるような「過大表現」は排除し、医療広告ガイドラインに則り、真実を述べるよう配慮しています。